ファッションで損をしていませんか?機能性ばかりにこだわることの注意点を紹介します


名刺交換ではスキルよりもファッションがまず目に入る

「ファッションは機能的なものかどうかが一番大事」という考えが根底にあり、周りからどう見られるかよりも自分自身が着たときの機能性を重視する人は少なくありません。そのような人は、流行をキャッチしてファッションに磨きをかけることにあまり必要性を感じていないのです。しかしビジネスシーンでは、名刺交換をする機会が多くなればなるほどファッションの重要度も増します。その人材にどれだけのスキルがあるかはもちろん大事なポイントですが、初対面の名刺交換というシーンでまず目に飛び込んでくるのは相手のファッションだからです。

一度ついたマイナスイメージは覆すのが難しい

スーパーで冷凍食品を購入するときは、パッケージにある写真やデザインからどんな味なのかをなんとなく想像しますよね。それと同様にビジネスの名刺交換ではファッションという視覚的な情報から、この人材にはどれだけのスキルがあるのかを無意識のうちに想像されているのです。この場面で「だらしない」や「清潔感が欠如している」といった印象を与えてしまうと、その後の商談でイメージを覆すことが困難になります。つまりどれだけスキルがあっても、自分にとっての機能性にこだわって周囲の目を気にしないファッションにしていると、過小評価されてしまうことがあるのです。

名刺交換の場面が増えれば増えるほど、ファッションが大切になるといわれる理由はここにあります。自分が身につけたスキルを誤解のないように相手に伝えるためには、人からどう見られるかを気にしてファッションに磨きをかけていく姿勢がとても重要になるのです。

日本ではニコチンリキッドの販売は禁止されています。手に入れたい時は個人輸入サイトが便利で、海外からなら取り寄せる事が出来ます。

You may also like...