実はこんなにある!壁面緑化を行うメリット


壁面緑化は建物を守ってくれます!

壁面緑化は建物を多くの障害から守ってくれる効果があります。例えば、コンクリートの建物が太陽光を受けると、蓄熱作用によって極端に温度が変化しやすいために建物の大きな劣化に繋がってしまいます。しかし、壁面緑化が行われている建物は植物が太陽光を受けてくれることによって、建物への蓄熱を抑制してくれるため、ひび割れなども起こりにくくなります。壁面緑化は太陽光だけではなく、酸性雨による劣化への対策としても機能します。

このように、建物を長期間利用できるようにサポートしてくれるメリットが壁面緑化には存在するのです。

壁面緑化は都会でも生き物の住める自然を作ります

壁面緑化は多くの生物が住む憩いの場としても機能します。都会では鳥や虫などが生きていくことは非常に多くの困難が存在し、排気ガスなどで汚染された空気や水は生態系に悪影響を与え、生物の数を減らしてしまう恐れがあります。しかし、壁面緑化によって成形された植物の集まる壁は、鳥や虫によっては移動の最中の休息の場所や外敵に隠れて繁殖する場所として利用されることがあります。安心して生物が暮らせる空間があるということは、生態系の保護活動に繋がります。

現代社会は地球環境の保全や生物の保護が強く求められる時代と言われていますが、壁面緑化はそんな時代に適した存在と言えます。

壁面緑化に関するまとめ

このように壁面緑化をすることによって生活や建物に発生するメリットは多く存在します。近年は、自社のビルや工場などの建物に壁面緑化を行う企業も増えています。これからも壁面緑化が施された建物を見る機会は増えていくと考えられます。

植物には、空気を清浄する高い効果があります。したがって、壁面緑化を行うことで、二酸化炭素の排出量が削減できる上に大気汚染を防ぐ効果も望めます。

You may also like...