カタログギフトのメリット・デメリットとは?


カタログギフトのメリット

ギフトを送る際には、相手のことを色々考える必要があります。好みだけではなく、アレルギーなどにも配慮することが求められます。また、ギフトを買いに行く時間がないという人もいますが、そんな時に役立つのがカタログギフトになります。

カタログギフトは、文字通りカタログを贈り物にするというものです。贈った相手がカタログの中から好きなものを選ぶことができる、というシステムのためアレルギーなどを考える必要がなくなります。

また、贈った相手が本当に欲しいものを手に入れることができる、というのもメリットです。様々なジャンルのアイテムが選べるようになっているため、選べる楽しさもあります。相手のいらないものを贈る心配がないのもメリットと言えます。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトはメリットも多いですが、デメリットもあります。デメリットとして一番にあげられるのは、相手が興味のあるアイテムがないというケースです。興味がそそられるアイテムがなくて、せっかくカタログギフトを送っても相手が交換しなかったということはよくあります。

また、手続きが面倒という人もいます。インターネットを使ったり、葉書を経由して番号を申し込むことで手に入れることが一般的ですが、手続き自体が面倒でやらなかったという人も多いとされています。

その他、カタログだけもらっても気持ちが伝わらないというのもデメリットです。プレゼント感がない上、手抜きのような印象になってしまうため注意が必要です。

カタログギフトを選ぶときには、ギフトの価格帯、品数の多さ、注文方法などがおもなポイントとなります。プレゼントする相手との関係やその方の趣味嗜好を考えて選ぶとよいです。

You may also like...